メリットの多いドッグフードの特徴

前へ
次へ

大切な愛犬を飼育するにあたって、飼い主としては、メリットの多いドッグフードを選んであげたいものです。
では、メリットの多いドッグフードにはどのような特徴があるのでしょうか。
ドッグフードを選ぶときに、まず見て欲しい所は、成分表示表です。
成分表示には、含まれている材料の多い順番に明記することが決まりになっています。

犬は本来は肉食の動物であり、穀類の消化は苦手としています。
一番初めには、肉の種類の名前が明記されているものがメリットが多いと言えます。
鶏肉や、鹿肉、馬肉、など、肉の種類がきちんと明記されているのが条件です。
肉由来や、ミート、ミール、肉類など、あいまいな表現のものは、どういった肉が使われているか分かりません。
人間の口には到底入らないような廃棄寸前の肉などもこのカテゴリーに入れても良い事になっているので、注意が必要です。

次に、防腐剤や、添加物、保存料などが使われていないものを選びましょう。
発がん性が確認されている物質や、人間の食べ物には入れてはいけない事になっている防腐剤なども、ドッグフードには使われている場合があります。
また、必要以上に添加物が配合されているものは、材料が粗悪な為に、においや味をごまかすため利用する場合もあるのが現状です。

本来が肉食である犬にとって、穀類の消化は苦手であり、過剰に摂取すると、穀物アレルギーを起こしてしまう事もあります。
原材料のはじめのほうに、穀類が明記されているものは、価格を抑えるために穀類を多用している場合があるので、こちらも注意が必要です。
メリットの多いドッグフードの特徴は、一番初めの原材料に、肉の名前が書いてあることが重要です。
値段が安すぎない事も判断基準の一つと言えます。
また、防腐剤、添加物が配合されていないものがメリットが多いと言えます。
しかし、犬との相性もあるので、これらの特徴を加味して、犬にあったドッグフードを見つける事が重要です。


ページのトップへ戻る